ホーム > 製品情報 > 超音波ワイヤボンダ

超音波ワイヤボンダ

アルミ線を常温で瞬時に接合する超音波。 URTRASONICのハイクォリティなボンディングが 次世代をリードします。

21世紀の高度情報化社会をリードする移動体通信、OA機器、デジタル家電などがさらにインテリジェント化していくうえで、必要不可欠な構成部品が半導体デバイスです。その製造後工程のアッセンブリ装置として、当社の超音波ワイヤボンダが重要な役割を果たしています。
世界に先駆けて110kHz、120kHzの超音波発振ユニットを採用し、高周波化することによって極めて短時間で、狭ピッチ、狭いパッドでもネックダメージの少ない高品位のボンディングを実現しています。

ロータリーヘッドボンダ

地球温暖化を緩和する先端技術として、多くの分野で注目を浴びているパワーデバイス。限りあるエネルギー資源を効率良く働かせるためのパワーデバイスはさらに高機能化され、インテリジェントパワーモジュールへと進化しています。多数のワイヤが複雑に配線されるため、当社の太線用ロータリーヘッドボンダは110kHzの高周波化された超音波発生ユニットを搭載し、独自のロングツールにより、深場および壁際へのボンディングを可能にしました。
世界を視野に入れ、常に一歩先を見つめる超音波工業にご期待下さい。

ロータリーヘッドタイプ

REBO-7
  • 高周波数化、小型化された超音波ユニット。
    深場、狭小スペースのデバイスなどあらゆるパッケージに高精度なボンディング。
    交換キットにより太線、中太線、細線、リボン、銅ワイヤーへの切り換え可能。
    搬送機の組込みやFAライン化が容易。
詳細はこちら
page top