ホーム > 製品情報 > 超音波計測器 > 超音波距離センサ

超音波距離センサ

UDM-2

超音波距離センサは、物体に触れずに近距離や厚みを測定しますが、音速補正用のセンサを採用することで、より高精度で高速な測定をすることができます。
また、フローティング測定をしていますので、物体にゆれがあっても測定が可能ですし、光や色、煙や磁場の影響も受けにくいので、厚さ計測はもちろんのこと、外壁材の板幅や紙や鋼鈑ロールの直径計測、あるいはパレット内の木材チップの層厚測定など広く利用されています。
超音波距離センサ(UDM-2)

変換器

型式 UDM-2
測定点数 1〜6点
測定精度 音速検出方式
デジタル出力:距離測定値の±(0.1%+0.1mm)
アナログ出力:デジタル出力の±0.1%FS
外形寸法(mm) 310(W)X200(D)X250(H)
PDFカタログダウンロード

センサ

型式 SD1
SD2
測定距離 50〜1000mm 200〜2000mm
不感距離 50mm 200mm
外形寸法(mm) φ32X70(L) φ70X120(L)
PDFカタログダウンロード
page top