1. ホーム
  2. 音が伝える未来へ|超音波工業株式会社
  3. 製品情報
  4. 超音波計測器
  5. 超音波音速測定装置

超音波音速測定装置

UVM-2

新素材・ニューセラミック・液体の音速測定に

金属・セラミックス・単結晶・プラスチック・液体などの各種材料に超音波パルスを透過させ、シングアラウンド法による音速測定により、ヤング率およびポアソン比等の弾性率を高精度で算出する装置です。
シングアラウンド法は、超音波パルスの輪唱によって測定精度を高めます。

特長
  • 多段遅延回路(特許)の採用で、多重エコーによる誤差を消去し、更に受信波の振幅に影響されないゼロクロス時間検出回路を内蔵することにより、高精度な測定を実現しました。
  • シングアラウンド法による縦波および横波の音速測定と、試料の厚さ、密度からヤング率、ポアソン比などの弾性率が算出できます。専用ソフトウェアを使用することにより各種弾性率の測定結果をパソコン画面上に表示します。
  • 測定対象物に応じて1探触子法(反射法)、2探触子法(透過法)の切り換えをすることにより、様々な材料の測定が可能です。
  • 送信電圧、受信ウィンドウなどの測定条件がプログラマブルで、パネル面のキー操作により設定内容が容易に変更でき、デジタル表示します。
  • 送信電圧、受信ウィンドウなどの測定条件がパネル面のキー操作により、プログラマブルに設定変更が行えます。
  • 測定する試料や用途に応じてグリスを塗布し、探触子で試料を挟んで測定する直接法や液体に試料を浸漬させて測定する液浸法を選択することができます。
  • ※サンプル試験については営業までお問い合わせください。
新素材・ニューセラミック・液体の音速測定に

用途(応用例)

  • 金属、ガラス等各種固体材料の弾性率測定
  • インク等各種溶液の音速、圧縮率測定
  • 音響レンズの音響インピーダンス、減衰測定
  • 接着剤の硬化過程の音速測定
溶融石英(Φ30mm,厚み20mm)の測定 / 金属材料(厚み2mm)の測定

溶融石英(Φ30mm,厚み20mm)の測定 / 金属材料(厚み2mm)の測定

装置構成例

装置構成例

UVM-2 仕様

※スクロールしてご覧いただけます

型式 UVM-2-8
対応周波数 1~10MHz
外形寸法 320(W)×350(D)×150(H)mm
測定方法 シングアラウンド法

測定セル

※スクロールしてご覧いただけます

型式 XM0031 AC-M2
測定試料 固体 固体・液体
測定温度 0~ +50℃ -50~ +80℃
外形寸法 200(W)×180(D)×510(H)mm 490(W)×190(D)×290(H)mm

製品に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

代表

042-536-1212

東京(営業)

042-537-1711

大阪(営業)

06-6190-1256

名古屋(営業)

052-760-3961