ホーム > 製品情報 > 超音波計測器 > 超音波式スラリー特性評価装置

超音波式スラリー特性評価装置

超音波式スラリー特性評価装置はスラリー中に超音波を照射して得られる超音波減衰スペクトルから粒度分布演算や分散状態の評価を行います。
色の影響を受けない、濃厚状態でも測定可能という特長をもち、プロセスラインでの適用も可能です。


UPSD-1L ラボタイプ

超音波粒度分布測定装置(UPSD-1L)
測定画面
 

測定装置

型式 UPSD-1L
測定方式 超音波減衰分光法
測定周波数 30MHz〜100MHz
超音波減衰率範囲 0〜20dB
測定時間 最大3分
粒度分布演算範囲 0.03μm〜10μm(メディアン径) ※表示範囲:0.01μm〜100μm
演算分解能 0.001μm
粒度分布演算結果 二峰性、一峰性(対数正規分布)
サンプル量 約300cc
サンプル濃度範囲 2〜35wt%(0.5〜7.0vol%)
サンプル温度範囲 10℃〜40℃
サンプル粘度範囲 3000mPa・s以下(気泡なきこと)
周囲温湿度 0℃〜40℃、90%RH 以下(結露しないこと)
電源 AC100±10%  50/60Hz
外形寸法 520(W)×410(D)×420(H)mm
PDFカタログダウンロード 技術資料カタログダウンロード お問い合わせフォーム
page top